前へ
次へ

弁護士の受験方法と受験に必要な資格

弁護士の資格を取得する方法は、まず一つ目は司法試験の予備試験に合格した後に司法試験に合格することです。次に二つ目は法科大学院を修了して、司法試験に合格する方法になります。その他にも取得する方法がありますが、それは例外的になるため、主に上記の方法で資格を取得することになります。数年前から新しく始まった司法試験の予備試験は、法科大学院を修了しなくても受験することができます。それは法科大学院で学んだ者と同じレベルの知識があるとみなされるからです。このことから受験資格がないことが分かり、幅広い人に扉を広げています。このようにして弁護士の資格を取得することになりますが、一般的に知られているように難しい試験です。しかし弁護士になることで、専門的な知識を有することになり、活躍の場を広げることができます。

Page Top