前へ
次へ

スマートフォンの交通事故

交通事故で増えているのがスマートフォンの使用中に、回りを確認することなくクルマや自転車にぶつかってしまうことです。歩きスマホと呼ばれているのですが、これをやってしまうと自転車も大きな事故に繋がりますし、クルマについては命さえ危なくなってしまいます。日常生活の中で欠かすことができなくなっているのが、スマートフォンやパソコンなどの通信機器になります。しかし、これを使い方一つによって危険な存在になることは今に始まったことではありません。使っている本人は周りを気をつけながら使用していると思っていますが、実際には意識がスマートフォンに集中しているために、周りのことなど気にしていることがないです。そのために自転車を運転している人でも、そういう人を見かけると避けることに集中しなくてはいけないですし、歩いていてもぶつかってしまうことがあります。交通事故を注意をしていくには限度があるので、やはり法律などで規制することが重要になって生きます。

Page Top