前へ
次へ

損害賠償の時効について知っておくべきこと

損害賠償請求権には時効があり、損害及び加害者を知ったときから3年と決められています。民法の詳しい内容を見ると、被害者またはその法定代理人が損害や加害者を知ったときから3年間行使しないときと定めていて、不法行為は20年間を経過したときも同様としています。つまり起算点は損害や加害者を知ったときです。例えば事故の場合、損害を知ったときは必ずしも事故の日とは限らず、治療費や休業損害などに関しては後ろにズレていきます。一言で損害と言ってもさまざまあり、物損事故なら事故日ですが、傷害事故で治療が長期化したときは、治療終了日となります。また、加害者を知ったときは、加害者の住所氏名を把握したときとなり、これも事故日になるとは限りません。ただ、加害者が見つからないまま事故日から20年たつと、賠償請求権が消滅します。法的に保険金請求権と損害賠償請求権とは異なり、自動車の自己であれば加害者が存在しない事故でも保険金が支払われるケースがあります。この場合の保険金請求権にも時効があり、こちらも原則3年間とされているので覚えておきましょう。ただ、賠償請求権の時効がせまったからと言って、不満がある示談に応じてしまうのは得策ではありません。時効は中断させる手段があり、経過期間をリセットしてゼロに戻すことができます。

Page Top