前へ
次へ

税理士への相談について

税の専門家である税理士の主要な業務としては、個人事業主や中小企業などと顧問契約を結んで記帳代行や税務申告書類の作成が挙げられます。しかし、近年では税理士の増加に伴い顧問契約の際の顧問料も低下傾向にあることから、創業支援に関する業務や、経営コンサルタント的な業務に力を入れるなど、収入源の多角化に取り組んでいる税理士も増えてきています。また、今後は相続税制の改正に伴い相続税に関する相談業務の需要が増えていくことが見込まれているため、この分野に注力したいと考える税理士も増えていくことが予想されます。士業で独立して成功していくためには専門分野の知識の充実はもちろんのこと、経営的なセンスや社交性も重要なポイントとなります。

Page Top